持続可能性

持続可能なマーケティングのリーダーたち

環境と社会への影響に関する説明責任のリーダーとして、HH Global は、お客様の持続可能性の目標をサポートするために、日々の運用に組み込まれたソリューションをカスタマイズします。世界最大で最も目に見えるブランドと提携する私たちは、高度な洞察情報を提供し、情報に基づいた持続可能性に関する意思決定を行うのを支援します。また、業界をリードするベンダー認定フレームワークにより、世界中の当社のビジョンに沿った、幅広く増加しているベンダーのプールが提供されます。

持続可能性の成長-パートナー、社員、地球のために

当社の持続可能性戦略は、国連の持続可能な開発目標および目的を持ったイノベーション持続可能性プログラムに基づいています。持続可能性は、私たちが行うすべての企業活動、および将来への計画に対するガイドラインです。当社の広範なサプライチェーンの利点と運用効率を活用して、長期的な利益のために無駄を最小限に抑えながら、クライアントのビジネスの成功を促進します。最新のサステナビリティレポートをご覧ください。

先端技術で持続可能性を最大化する

当社はこれまでの経験から、データ主導でインサイトを基にした変化が、可能な限り最良の持続可能性の成果につながることを理解しています。当社のテクノロジーと豊富なデータを備えた独自の製品およびサービスのスイートは、クライアント、組織、および戦略的なサプライヤパートナーの持続可能性に対する目標達成をサポートします。

Hub
AI によるデータセット
持続可能な調達の枠組み

Hub

Hub プラットフォームは、計画段階で CO2 インパクトデータを生成し、クライアントがキャンペーン戦術やチャネル選択について十分な情報を得た上で決定できるようにします。HH Global は、このような規模でこれを実現した世界初のクリエイティブプロダクションと調達のパートナーであり、当社の標準運用モデルの一部として環境計算機エンジンを組み込みました。

AI によるデータセット

この CO2 インサイトを補完するのが、AI を利用したデータセットです。より多くのデータが処理されるにつれて、当社のテクノロジーは、より洗練された出力をクライアントに継続的に提供し、予測 CO2 インパクトモデリングを可能にして、長期的にクライアントをサポートし、洞察とメリットを提供します。

持続可能な調達の枠組み

当社の Sustainable Procurement Framework (持続可能な調達フレームワーク) も、テクノロジーとデータを使用してグローバルなサプライチェーン全体にベストプラクティスを拡大する市場初の機能です。HH Global のサプライヤデータとパートナーからの調査とインサイトを組み合わせることで、当社はこの分野で初めて持続可能なサプライチェーンフレームワークを構築しました。SPF は、サプライチェーン・パートナーが現在の持続可能性の成熟度を評価するのに役立ちます。SPF はまた、HH Global の経験から得られた教育資源、ベストプラクティスの共有、知識を通じて、進歩を支援します。

サプライチェーンパートナーが成功を認識することは、SPF の重要な部分であり、継続的な改善を促進し、リスクプロファイルを削減することになります。SPF は、「上げ潮はすべての船を持ち上げる (好景気はすべての人に恩恵をもたらす)」という考え方から、国連の SDG に向けた測定可能な成果と進展に明確に焦点を当てています。

持続可能性コンサルティングサービス

HH Global は、持続可能性に関する包括的なコンサルティング・サービスを提供しており、クライアントの ESG イニシアチブを構築または強化するために、当社の専門知識を活用しています。これらのサービスには、持続可能性ロードマップ作成、持続可能性評価、廃棄物管理監査、持続可能性戦略が含まれます。

持続可能性評価
持続可能性戦略サービス
戦略的持続可能性ロードマップ
運用廃棄物管理

Sustainability assessment

Our first-to-market sustainability assessment service uses technology and data insights alongside an assisted service offering to help benchmark and contrast your business versus your competitors by market vertical or geography.

  • Provides two key metrics for benchmarking
  • CO2 per $1m spend metric
  • Purchase-to-principle alignment score

持続可能性評価

当社の市場初の持続可能性評価サービスは、テクノロジーとデータのインサイトに加えて、支援サービスを駆使して、お客様のビジネスと競合他社を市場の分野別または地理別にベンチマークして比較することを可能にします。

  • ベンチマークのための 2 つの主要指標を提供
  • 支出 100 万ドルあたりの CO2
  • 購入と原則の整合性スコア

持続可能性戦略サービス

当社は主要なパートナーとして、焦点を絞ったインタラクティブな 3 段階のプロセスにより、お客様の持続可能性の課題に対処するお手伝いをします。私たちの段階的なアプローチは、長期的な持続可能性の目標とともに、短期的な目標を作成するのに役立ちます。

    • 国連の持続可能な開発目標に貢献する方法を特定するワークショップ
    • レポートの作成
    • 継続的なサポートを伴う ESG と持続可能性のロードマップ

運用廃棄物管理

HH Global は、クライアントが廃棄物 0 を達成し、運用から使い捨てプラスチックを排除するという野心を高めていることを認識しており、使い捨て経済から循環経済への移行を支援します。地域の廃棄物監査を実施し、照合されたデータを分析し、運用廃棄物を削減するための有意義な推奨事項を提示します。

  • 廃棄物監査 — 事務所、倉庫、小売店
  • 推奨事項、短期目標および長期目標で裏書されたオンラインおよび現場による廃棄物監査からの研究成果の最終報告書の作成
  • クライアントのサステナビリティレポートとともに結果を公表
  • 埋立て処分量の削減、リサイクルおよびクローズドループの機会の増加
  • 処分コストの削減と新たな廃棄物収入源創出の支援
  • 廃棄物の転用とクローズドループリサイクルの機会の増加

ターゲット:SDG 8

ディーセントワークと経済成長

当社は、HH Global を従業員にとって素晴らしい職場にすることを約束に掲げており、戦略的なサプライヤパートナーが、尊厳のある労働条件、公正な賃金、職場の公正さ、および職場における従業員の権利を提供することを保証します。2025 年までに、以下を確保します:

  • 当社のビジネスの従業員に、生活賃金が支払われること
  • 当社は、当社のティア 1 サプライヤ*の 100% から提出された生活賃金方針を確認しています
  • 100% のティア 1 サプライヤ*が、明確に定義された環境・社会基準に適合しています
  • すべてのティア 1 サプライヤ*は、持続可能な開発目標に関する情報とガイダンスを受けており、30% が支援を表明しています
  • *HH Global の支出の 95% を占めるサプライヤ

ターゲット:SDG 10

不平等の削減

当社は、事業運用を行うコミュニティを反映した、成長する多様で包括的な組織です。性別、民族、宗教的信念、性的指向、社会経済的背景にかかわらず、すべての人の権利と機会を尊重します。2025 年までに、以下のことを実現します:

  • HH Global リーダーシップ*レベルで 30% の多様な代表者を持つ
  • 年間支出の 15% を、小規模で多様性のあるビジネスサプライヤに割り当てる
  • すべての人材育成・研修プログラムに DE&I 原則を盛り込み、100% の社員が受講できるようにする

*グループ経営委員会および地域リーダーシップチーム

ターゲット:SDG 12

責任ある消費と生産

当社は、製品が責任を持って調達され、生産されることを保証するとともに、クライアントに最も持続可能な代替品を提示します。2025 年までに、以下のことを実現します:

  • セルロース繊維系材料などのプラスチックに代わる利用可能なソリューションについての知識をクライアントに与えることにより、生産における再生資源の使用を 20% 増加させる
  • 見積もり段階ですべてのクライアントに環境負荷計算を提供
  • 自社オフィスでの使い捨てプラスチックの排除

ターゲット:SDG 13

気候変動対策

カーボンフットプリントを削減し、排出量を実質 0 にすることで、地球温暖化を 1.5℃ 以下に抑えることに貢献します。HH Global では、実質ゼロ目標を達成するための次の主要なマイルストーンが提案されています:

  • 2025 年までに運用で使用するエネルギーの 100% を再生可能エネルギーに
  • 2030 年までに排出量 50% 削減*
  • 2040 年までに排出量 90% 削減*
  • 自然を活用したソリューションへの継続的な投資
  • 2040 年までに 10% の排出抑制

* 22 年度基準との比較

認定とパートナーシップ

Contact
Correo
Contato
联系我们

ご連絡ください