Close

HH Global and SAP Ariba - How our partnership has accelerated sustainable innovation in the supply chain

著者: Gary George

ニュース

Transforming supplier engagement for sustainable innovation in the supply chain

ESGとサステナビリティの目標達成を目指すHH Globalにとって、調達とサプライチェーンのプロセスの中で新しいイノベーションに適応する能力は最も重要です。市場をリードするサステナブルなソリューションをお客様に提供することは、今や私たちの提供するサービスのスタンダードとなっています。これらの目標を達成するために、私たちはサプライヤーやパートナーと密接に協力し、業務プロセスをデジタル化したり、印刷物や販売促進資料のために環境に優しい新しい素材を導入したりしてきました。

12年以上のお付き合いがあるSAP Aribaもそうした取り組みの中で出会ったパートナーです。彼らはグローバルなマネジメントソリューション企業であり、私たちの購買や調達に関する意思決定を、持続可能性を重視したビジネス戦略に沿ったものにしてくれました。SAP Aribaは、企業がソーシングから調達、決済までのエンドツーエンドのプロセスを、クラウド上の単一の統合プラットフォームに集約することを可能にしてくれます。

この信頼できるパートナーシップを通じて、HH Globalは当社のサプライチェーンのプロセスや文書、発注書や請求書の電子的な取引や管理をデジタル化することができました。これにより、手動のプロセスがなくなり、物理的なリソースの必要性や無駄が減りました。また、SAP Aribaを使用することで、HH Globalはパンチアウトやカタログの発行を採用し、合意したレートカードや配送先に基づいてサプライヤーへの注文を自動的にルーティングするインテリジェントな作業を行うことができました。

SAP Aribaとの長年にわたる信頼関係は、SAP Aribaのサプライヤー・アドバイザリー・ボードに参加することで強化されています。これにより、SAP Aribaのサービスを利用しているお客様に対して、最高レベルのサービス、統合、理解を提供することを保証することができるのです。

HH Globalは最近、SAP Arbiaサイトのビジネストレンドのブログ記事で紹介されました。該当記事は、以下のリンクからご確認頂けます。サプライチェーンにおける持続可能なイノベーションのためのサプライヤーエンゲージメントの変革 | SAP Blogs

関連ストーリー

2021 8月 25
HH Globalの最新のソート・リーダーシップ・ウェビナー Embracing Sustainability with Morag Garden

HH Globalは、ゲストスピーカーにMorag Gardenを迎え、ソート・リーダーシップ・ウェビナーシリーズの最新版、Embracing Sustainabilityを開催しました。

会社 / サステナビリティ
2021 8月 4
HH GlobalのESG Targetおよびコミットメント

HH GlobalのESGターゲットのフルスイートを発表

ニュース / グローバル / サステナビリティ
2021 7月 16
World Sustainability Awards 2021 ファイナリスト

HH Global、World Sustainability Awards 2021のProfit with Purpose賞のファイナリストに

会社 / サステナビリティ
宇宙から見た地球
2021 6月 28
Sunday Times紙のSustainable InnovationレポートにHH Globalが登場

より持続可能で将来性のあるサプライチェーンの推進

サステナビリティ
Sun flare as seen through the top of green leafed trees
2021 4月 30
HH Globalが、POPAI Substantiability Standard 認証評価を獲得しました

HH Globalが取り組んでいるサステナビリティへの取り組みや、その運営における原則について、POPAI Sustainability Standard(PSS)認証評価を獲得しました。

会社 / 認証評価 / サステナビリティ
2021 4月 30
HH Globalが気候誓約(Climate Pledge)に参加

100以上の会社が #ClimatePledge に参加しています。弊社もこの運動の最前線に立ち、2040年までに全体で炭素排出量をゼロにする取り組みをして参ります

会社 / サステナビリティ