Close

日本と韓国の新カントリーマネジャーを発表

著者: Mark Tiedens
観覧車を臨む日没の東京のスカイライン

ニュース

両地域における前例のない成長を背景としたもので。

世界で最も早く成長するマーケティング・エグゼキューション・パートナーのHH Global21日、日本と韓国のカントリーマネジャーにポール・ジョーンズ(Paul Jones)氏を任命したと発表した。この発表は、両地域における前例のない成長を背景としたもので、日本では2017年に大手金融機関、スポーツブランド、高級ブランドが新しい顧客になっている。

ジョーンズ氏(45)は15年間、日本に住んで働いている。メルボルンのRMIT大学でマーケティングを学んだが、2002年から2011年まで機関投資と未公開株式向けの資産管理に従事したのが最初の経歴だった。同氏がリテール・マーケティングの分野に参加したのは2010年のことだ。2012年から2016年までASL GlobalCIP Marketingで、それぞれリテール・ソーシングとリテール・アクティベーションを担当した。同氏がHH Globalに参加したこの数週間で、日本チームは顧客の強いニューズに応えるために規模を倍にした。

 

HH Globalはアジア地域での投資を続けている。韓国での新規開業、さらに当社は最近、顧客の強いニーズに応えてオーストラリアでの事業を完全に保有することを決定した。

HH Globalのロバート・マクミラン(Robert MacMillan) 最高経営責任者(CEO)は「われわれはアジア地域での業績に極めて満足している。それは世界中における、われわれの力強い業績と自力発展へのコミットメントを反映している。ジョーンズ氏が参加してくれるのは大成功だ。同氏が参加するのは、世界の最大手ブランドの一部に革新的で持続可能なマーケティング・ソリューション・エグゼキューションを提供する、才能に富んだわれわれのマーケティング・エグゼキューションの専門家グループである」と述べた。